一度は使ってみたい プリンストン スタイラスペン PSA-TPA2

気になっていた商品がモニター募集をしていたのでとりあえずポチっといたらまさかの当選!!レビューは慣れてないのでチラ見程度に^^
で、商品が届いたのでとりあえず開封。
image1
【外観】
カラーはシルバー、ゴールド、ブラックの3色があるようで、届いたものはブラック。三色ボールペンとか万年筆くらいの太さで割と高級感のあるマットなアルミボディ。

手にとってみると、電池を含む重量が26g(公称:約27g)で程よく重量感があって、普通のシャープペンやボールペンを握る感覚に近く、グリップもマット加工がいい感じに効いてる。

image3
電池は単4一本でアルカリ乾電池とニッケル水素乾電池に対応。ボールペンで言うところのノック部分が取れるようになっていてそこから入れられるようになっている。本体中間にあるボタンが電源のオンオフ。

image2
何より印象的なのは直径2mmのこのペン先。これでホントに反応すんの!?と言うくらい細い!従来からの一般的なタッチペンを使ったことのある人なら尚更そう思う。私もその一人。

【機能面】
一番の特徴は静電発生機構というものを搭載していること。これがペン先2㎜を可能にしてる。
原理は簡単。そもそもタッチパネルは触れた場所の静電気を感知することで反応する仕組み。指先も従来のタッチペンも人体の帯びる静電気を感知して機能させているのだけど、タッチパネルとの接点が少ないと人体からの微量な静電気では反応しずらい。そこで「じゃあ静電気出せばいいじゃん」ってのが静電発生機構。だから2㎜という細さでも反応するんですね。

image4
静電の感度もペン先部分を左右に回して長さを調整することでできる。これで画面保護フィルムの厚さや端末による感度の個体差にも対応できるみたい。私が使用した端末ではどれも感度良好だった。試しに手帳についている下敷きを画面に置き上から反応するか実験したところ、さすがに反応は悪くなるけど感度を最大にすれば下敷き越しからでも使えた。
オートスリープ機能を搭載していて電池の消耗を抑え、電源の消し忘れにも安心とのこと。3分以上操作をしないと自動的に電源がOFFになる。

【使用感】
書き心地は良し。さすがに紙媒体と比較すると滑りや遅延など気になる部分は出てくるけど、アプリや端末のスペックにも左右されるので組み合わせ次第。
タッチペンとしての使い心地は感動もので、従来のタッチペンとは真逆で細くて精確で感度が良いと3拍子揃っていて文句の付けどころが無い!

電池を使う物はやっぱ消耗が気になるけど、オートスリープ機能は地味に便利。使用期間が短いので電池持ちはまだわからないけど、こういった機能は個人的に嬉しい。
あと、意外と小さな端末との相性が良い。個人的にタッチペンはタブレットなど大きい画面で活躍するものと思っていたのですが、画面が小さいとペン先は細ければ細いほど良い。ただでさえ小さい画面を指や太いペン先で隠すようなことがなく、小さな画面でも綺麗に書ける。この手の商品は画面に手を置いて書けないけど、小さな端末では画面の外に手を置けば普段の姿勢で書くことができて良いです。
image5
ただ、画面の端までは書けないのが残念。端末での個体差はあったけど、どれも画面端になると反応が不安定になったり位置が急にずれたりした。

image6
携帯性もちょっと心配。小さくてなくしやすいし、筆箱などは使わないのでクリップがついていてほしかった。ストラップホールがあるので対策はできるけど、こういう小物は動く状態だとぶつけたりひっかけたりと故障や紛失につながる。がっちりと固定出来たらなお良しだった。
あとは電源のライトが気になる。結構な明るさでちょっと気が散る程度だけど、もう少し抑えるか気にならない工夫があれば良かった。

 

【まとめ】

メリット デメリット
  • 感度が良い
  • タップが精確にできる
  • 字を綺麗に書ける
  • 絵も描ける
  • 導入が簡単
  • 静電式タッチパネルならほぼすべて対応
  • 端末間で使いまわしができる
  • 価格が高い
  • 電池が必要
  • 携帯性が心配
  • ペン先の耐久性が心配
  • 画面に手を置いて書けない(アプリによっては置ける機能アリ)
  • 筆圧の癖などによる画面への影響
  • 筆圧感知はない
  • 画面の端まで描けない(描きづらい)

しばらく使ってみて思ったのは、正直モニター価格でなければ私は買わなかったかもしれない。どうせなら専用スタイラスペンがついて高機能な端末を買う方が私の目的ではあっていると思うので。

ただし、汎用タッチペンとしては最高。価格や使い所がネックだけど、小さな端末との相性が良くてメモ帳替わりにデータをオンラインで管理出来てすごく便利。アイディアノートとして簡単な図・絵をかけるのも魅力的。慣れ次第ではもっと本格的なものも描けるかもしれない。

このレビューの添削も外出先でこのPSA-TPA2を使ってみたけど便利だった。正確にタップできるので指だとうまく文字間をタップ出来なくてイライラみたいな事もなく簡単な作業ならスマホでもサクサクできてはかどる。
友人に意見を求めたところタッチペンはゲームアプリでの需要も多いようで特に最近はやりのパズルゲームで「使いたい・便利」だと言っていた。

今後は電池・ペン先の消耗や画面への影響が気になるけど、いまのところとりあえず大丈夫。導入も簡単で良いタッチペンを探しているという人にはぜひおすすめ。スマートフォンやタブレットを複数所持している方なんかは持っていて損はないと思います。

今回PSA-TPA2のモニター当選がわかる前にタブレット端末を諸事情により手放した後で大きな画面で試せていないのが心残り・・・。
最後にちょっと残念だったのが説明書が申し訳程度だったこと。感度の調整の仕方が説明書を見てもわからなかったので、仕方なくネットで調べました。
投稿者:たろう 様
プリンストン スマートフォン・タブレット用アクティブスタイラス ブラック PSA-TPA2BK

パソコンを買うならFRONTIER DIRECTへ!

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です