SNS用の自撮り写真などに活用していきたい RICHO THETA m15

モニター購入で注文していたリコーの全天球撮影、簡単に言えばパノラマ写真撮影専用のデジカメ「RICHO THETA m15」が届きましたので、早速紹介したいと思います。
image1
外箱

image2
箱を開けるとこんな感じで入ってます。

image3
ボディーは白いんで、使い続けると汚れが目立つようになるかな・・・。

image4
ケース付きです。
レンズが向き出しなので、取り扱いには要注意です。

image5
まずは、附属のケーブルを使って充電。

単体でも撮影はできますが、モニターが付いてないので撮影した画像の確認はできません。
なので、スマホの専用無料アプリをダウンロードします。
わたしのスマホはXperiaZ1なので、AndroidアプリをPlayストアで「RICHO THETA」で検索してダウンロード。
起動後、WiFiなどTHETAとの接続設定をします。

image6

アプリ側での撮影設定は、ISO優先、オート、シャッター優先の3種類。

ISO感度
静止画:ISO100~1600
動画:ISO100~400

シャッタースピードは、
静止画:1/8000秒~1/7.5秒
動画:1/8000秒~1/15秒


image7
早速、アプリ側でシャッターをポチッとすると、すぐにスマホ側に送信開始。


image8
で、こんな感じで取れてます。
(地元大規模農園のひまわり畑で撮影)
実際にスマホの画面上でやってみないとわかりませんが、画面上で360度見渡すことができます。
シャッター一発押しで簡単に撮れるところがいいですね。


image9
PCに転送するとこんな感じの画像でした。
この画像からアプリ内で360度データに変換していることになります。
さすがに画質は粗いです。
製品の仕様表に画素数の記述がないんですが、ググると全体で640万画素程度だそうです。

image10
Facebook等のSNSアカウントでtheta360.comにログインすると、WEB上で画像を共有できます。
WEB上でもスマホ同様360度グリグリできます。


普段はデジイチでの撮影がメインですが、SNS用の自撮り写真などに活用していきたいと思います。

投稿者:寝太郎様

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA m15 ホワイト 360°全天球イメージ撮影デバイス 0910700

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です