日本最大級のGIFアニメコンテスト”theGIFs2015″開催[GIFMAGAZINE,アドビ共同開催]

GIFMAGAZINEを運営する株式会社creative box(代表取締役社長:大野謙介、 本社:東京都台東区、 以下「creative box」)は、 アドビ システムズ 株式会社とGIFアニメコンテスト「theGIFs2015」を共同開催し、 公式サイト( http://thegifs.net/ )を公開いたしました。
main
コンテスト公式ページ
http://thegifs.net/

審査員
1.奥下和彦(アートディレクター・映像作家)
2.1041uuu(ドット絵作家)
3.谷口マサト(LINE株式会社 チーフプロデューサー)
4.轟啓介(アドビ システムズ 株式会社)
5.GIFMAGAZINE(GIFアニメ作品の投稿・共有サービス)
sub1


■最優秀賞(賞金25万円):審査員による審査により決定いたします。
■優秀賞(賞金3万円):審査員による審査により6作品決定いたします。
その他、 アート部門賞、 インタラクティブ部門賞、 シネマグラフ部門賞、 ドット絵部門賞、 審査員賞、 U-22部門賞、 Adobe賞、 GIFMAGAZINE賞を含め全15賞
結果発表は、 授賞式およびコンテストページ、 GIFMAGAZINE特設ページ等で行われます。
http://thegifs.net/#prize

コンテストスケジュール
応募期間:8/3(月)~11/8(日)23:59まで
審査期間:11/9(月)~11/30(日)
表彰式:12/13(日)
表彰者と審査員,関係者限定で表彰パーティーを開催いたします。 招待のご連絡をお待ちください。
期間中はAdobe製品を使ったGIF制作ワークショップを開催する予定です。
http://thegifs.net/#contest_schedule

作品要件
・アニメーションGIF画像である。
・他者の著作権を侵害していない。
・ファイルサイズ:20MB 以内
・投稿者のオリジナルであること。
※応募作品数に制限はありません。
http://thegifs.net/

応募方法
1.コンテスト公式ページにアクセスし応募要項をご確認下さい。 http://thegifs.net/
2.「GIFMAGAZINE」に会員登録、 ログインします。 「メール」「Twitter」「Facebook」で登録が可能です。
3.エントリーリンクから「theGIFs応募フォーム」にアクセスしてください。
https://gifmagazine.net/thegifs/2015/application
4.必須項目を入力し、 「作品を新規投稿として応募する」か「すでに投稿済みのGIF作品から応募する」のどちらかを選択します。
5.「作品を新規投稿として応募する」を選択するとアップロード画面に遷移します。
6.「すでに投稿済みのGIFから応募する」を選択すると、 過去にGIFMAGAZINEにアップロー ドしたGIF作品の中から応募することができます。
7.作品のアップロードをもって、 本応募要項に同意したとみなします。
8.応募作品数に制限はありません。
http://thegifs.net/

■昨年度の様子(theGIFs2014)■
sub2

昨年度のコンテスト(theGIFs2014)では、 147人のGIFアニメクリエイターの方にご参加いただきました。 参加者属性では美術系学生30%、 クリエイター系職種36%となり、 66%がクリエイター系の領域からの応募となりました。 昨年度の開催レポートはこちらをご覧ください。
http://cre-m.jp/thegifs_2014_result/

■一度廃れたGIFが世界的に復興している背景■

2012年頃からスマートフォンの普及と共に、 デバイスや通信環境によらないGIFに注目が集まることとなる。 それまでWEB上のリッチコンテンツはFlashや動画に支えられていたが、 iPhoneがFlashに対応しないこと、 MP4ではモバイルブラウザで再生する際にクリックが必要であるなど、 非常にストレスフルであった。 そこでGIFの性質である、 「短編」「ループ」「クリックレス」がスマートフォンでのリッチコンテンツ閲覧体験に非常に良くマッチした。 更に、 アメリカの流行語大賞にあたる「Word of the year 2012」では「GIF」が大賞となっている。
写真・スタンプ・GIF・動画など世界中の人が新たな共通言語で話すようになった。 視覚的言語は、 スマートフォンにとって有効なコミュニケーション手段として受け止められている。

日本ではGIFMAGAZINEが毎月5万作品が投稿される大きなコミュニティとなっている。 映像作家の方だけでなく、 写真家、 イラストレーターの方など、 多くのクリエイター、 そして気軽にGIFアニメを制作する方が利用している。

詳しくはこちら↓
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000013629.html

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です