4Kは「百聞は一見にしかず」 ASUS PA328Q 32型4Kディスプレイ

すし太郎です。4Kモニター「PA328」をレビューしてみます!

image001

きょう届きましたー。でかっ!
PA328は32型。ちょうどいまパソコン用
に使ってるテレビも32型で、いわゆる地デジ対応の普通の(?)テレビです。サイズは同じでも性能などまったく違うと思うので、そのあたりを比較してみようと思います。つか、これって異種格闘技戦になる?(笑) まぁまぁ・・・

image002

image003

パソコンへの接続はHDMI端子(画像の赤丸)にしました。
ほんとはDisplayポートで繋ぎたかったんですけど、うちのVGAがGTX480なので非対応。
まぁ[いずれは]ということで!

モニターの側面側にはUSB3.0端子が並んでいて、周辺機器をいくつも使用できます。このあたりの配慮はGoodですねー。

設置してみたところ。首の部分は自由に高さを変えられるみたいです。その理由は・・・

image005 image004

image006

これですよこれ。地球は縦から見ても丸かったということになります。笑

縦画面の使い道はおもにWEB閲覧用になると思われますが、スマホみたいに縦画面専用のゲームとか遊べたらいいですね!

コントロールメニューの中におもしろいものを発見しました。用紙サイズの選択ができ、その範囲が表示できるんです。きっと印刷物の大きさをイメージするためのものですねー。

image009 image008

image010

それとなんと言っても4Kの醍醐味である高解像度により、画面のありとあらゆるものがとても広大な範囲で、かつ繊細に表示されます。
左上が「マイコンピューター」「ゴミ箱」、真ん中にあるのが「マウスカーソル」、左下が「Windowsボタン」や「タスクバーアイコン」ですね。
マウスカーソルなんてもう、星の一部になってるし。笑
その画面の広さがお分かりいただけるでしょうか。

では実際に、4Kモニターとテレビを比較してみましょう!

テレビ(1920×1080)

image011

4K(3820×2160)

image012

すでにテレビのほうは波打ってる(笑) きめ細かさや発色も違いますねー。

テレビ(1920×1080)

image014

4K(3820×2160)

image013

というわけで少しグダグダでしたが、4Kモニターをレビューしてみました。

ただこの4Kについては、「百聞は一見にしかず」としか言いようがありません。

きっとプロの方が撮れば分かりやすいのですが、画面の奥の奥にあるものまで細かく表示されていて、遠近感や空気感も、自分がその場にいるかのように伝わってきますし、空中カメラの映像なんかは、本当に空を飛んでいるように感じられました。

もしその素晴らしさを体感されたいのであれば、すし太郎は4Kモニター「PA328」をオススメします。ぜったい間違いないと思います。

ではでは、最後までお付き合いありがとうございましたー!

投稿者:すし太郎 さん
ASUS 32型4Kディスプレイ ( IPSパネル / sRGBカバー率100% / 3,840×2,160 / 昇降・ピボット機能 / DP,HDMI / スピーカー内蔵 / VESA規格 / 3年保証 ) PA328Q

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です